スポンサーサイト

4月20日~4月24日の気になる経済指標

気になる経済指標の予想と結果は、4月20日(月)(豪州)生産者物価指数予想0.6% → 結果-0.4%(豪州)生産者物価指数(前年比)予想4.9% → 結果4.0%(米国)景気先行指標総合指数予想-0.2% → 結果-0.3%4月21日(火)(豪州)RBA議事録(スウェーデン)政策金利発表予想0.50% → 結果0.50%(英国)消費者物価指数前月比予想+0.2% → 結果+0.20%前年比予想+2.9% → 結果+2.9%(英国)小売物価指数前月比...

2009年4月20日の経済指標

気になる経済指標は、(日本)白川日銀総裁の講演(豪州)生産者物価指数(米国)バンクオブアメリカの決算発表(米国)バーナンキFBR議長の講演(米国)景気先行指数など(NZ)消費者物価指数の結果は、予想(前期比)+0.3% → 結果(前期比)+0.3%予想(前年比)+3.0% → 結果(前年比)+3.0%と予想どうりの結果でした。(加)消費者物価指数の結果は、予想+0.3% → 結果+0.2%と予想に近い結果でした。シティグル...

2009年4月17日の気になる経済指標

気になる経済指標は、7時45分(NZ)消費者物価指数20時00分(加)消費者物価指数シティグループの決算発表メリルリンチの決算発表(米国)JPモルガンの決算発表の結果は、予想を上回る良い結果でした。(米国)住宅着工件数は、予想54.0万件 → 結果51.0万件となりました。(米国)建設許可件数は、予想54.9万件 → 結果51.3万件となり共に予想を下回る結果となってしまいました。...

トルコ中銀政策金利発表予定

トルコ中銀の政策金利発表予定が迫っています。市場予想では、10.5%から10.0%へ利下げとなっています。結果しだいでは、想像できない値動きになってしまいます。アンカライスタンブルアクサライアダナアンタキヤアンタルヤイズニクイズミルヴァンエディルネエスキシェヒルエルズィンジャンエルズルムカイセリガズィアンテプカルスギョレメクシャダスコンヤサフランボルサムスンスィヴァスダルヤンチャナッカレデニズリトラブゾン...

2009年4月16日の気になる経済指標

気になる経済指標は、(米国)JPモルガンの決算発表21時30分の(米国)住宅着工件数(米国)建設許可件数など前日の(米国)3月消費者物価指数(前月比)の結果は、予想+0.1% → 結果-0.1%前日の(米国)3月消費者物価指数(コア・前月比)の結果は、予想+0.1% → 結果+0.2%前日の(米国)3月消費者物価指数(前年比)の結果は、予想-0.1% → 結果-0.4%前日の(米国)3月消費者物価指数(コア・前年比)の...

2009年 4月15日発表予定経済指標

気になる経済指標は、21時30分の(米国)消費者物価指数22時00分の(米国)対米証券投資前日のゴールドマン・サックスの決算発表は早朝にいい結果がでていました。小売売上高は市場予想より弱い結果となりました。...

2009年4月14日の経済指標

気になる本日発表予定の経済指標は21時30分の(米国)ゴールドマン・サックスの決算発表(米国)3月小売売上高などゴールドマン・サックスは、アメリカに本社をおく世界最大級の投資銀行です。投資銀行とは、合併や買収などの財務戦略でのアドバイスを行う金融機関です。小売売上高は個人消費が前月より増えたのか減ったのかが解ります。...

2009年 1月 政策金利

日本 0.10米国 0.00-0.25欧州 2.00英国 1.50豪州 4.25カナダ 1.00スイス 0.50南アフリカ 11.50ニュージーランド 3.50...

おススメFX会社

高スワップなので高金利通貨での運用がおススメ!常時現在のレバレッジが表示されます。FX業界最高水準スワップ!FX取引手数料0円+低スプレッド!全17通貨ペアの外国為替取引(FX)。
フォーランドオンライン

業界最高水準のスワップ金利、指値手数料が無料。 セントラル短資オンライントレード

1000通貨からの取引が可能!デイトレードは手数料無料!「口座数」と「預かり資産」の2部門で4年連続No.1外為どっとコム

チャートの使い勝手が良いのと見やすい!FXCMジャパン

FXプライム

業界最高水準の取引システム LION FX登場!<

オリックスFX

【FXCMジャパン】らくちんFX

FX入出金おススメ銀行

金融商品取引法とは

金融商品取引法についてご説明しようとおもいます。金融商品の取引を規制する法案として、証券取引法を改正し、2007年9月30日より施行されました。この金融商品取引法が出てきた背景は、金融商品の数と幅が枠組みに当てはまらないさまざまな金融商品や、それらを取扱う業者が登場していることなどから、発展及び設けられました。金融商品の規制の間隙をついた投資行為に対する法の不備と対応に困難が生じたからです。 金融先物取引については「金融先物取引法」というように、金融商品ごとに法律が定められていました。 金融商品取引法は、証券取引法から名称を変えただけでは従来縦割りに法整備を横断的な事が特徴として言えます。 この新法では、範疇を信託業法・抵当証券法・商品ファンド法・証券取引法の一部(国債、地方債、社債、株式、投資信託、投資組合の出資持分など)に組み入れ、残りの証券取引法の一部(有価証券デリバティブなど)と金融先物取引法(金融先物、外国為替証拠金取引など)をデリバティブ取引にまとめ直しました。 この金融商品取引法は、上場企業に対し、整備や提出を義務付けて核と法律としても注目されています。

お役立ちリンク

取引のトラブルなどに関するご相談はコチラ
国民生活センター
社団法人金融先物取引業協会

スポンサードリンク

このサイトのキーワード:

FX 外国為替証拠金取引 外貨取引 外貨fx 外為 外為取引 FX fx
外国為替証拠金取引業者一覧:アストマックスFX オクトキュービック 外為どっとコム 外為オンライン 豊商事 トウキョウフォレックス サン・キャピタル・マネジメント FROM EAST証券 フィリップファイナンシャルス フォレックスクラウン FXプライム FXキング FXオンラインジャパン 上田ハーロー マネースクウェア・ジャパン マネーパートナーズ SBI証券 マネックス証券 楽天証券 松井証券 ジョインベスト証券 クリック証券 アイディーオー証券 かざか証券 インヴァスト証券 トレイダーズ証券 パンタレイ証券 セントラル短資オンライントレード MJ ジェイ・エヌ・エス ハーベストフューチャーズ スター為替 ヒロセ通商 為替マーケット FXCMジャパン サイバーエージェントFX|外貨ex キャピタル・マーケット・サービシズ(CMS) ジャパンネット銀行 ソニー銀行 イーバンク銀行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。